空と雲と詩と

見上げれば空があり

 

 空に雲があるように

 

 

空の下に僕はあり

 

 僕の胸にうたがあって

 

 

うたを吐き出すことで僕は

 

 穏やかな風のように平静を保っている

 

 

この空の下

 

このうた

 

いつかあなたに届くとき

 

 

あなたの胸のすき間を抜ける

 

 やさしい風になれたなら

 

 

あなたの胸のすき間にたまる

 

 ため息さらってゆけたなら

 

 

花咲風太郎 街灯詩舎同人

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    秋山ひなた (金曜日, 22 8月 2014 17:21)

    とても優しい詩ですね。いつかさらわれたため息もまた穏やかな風になり、自由のなかを旅するようなイメージが出来ました。

  • #2

    花咲風太郎 (木曜日, 28 8月 2014 06:27)

    秋山ひなたさん
    うつくしい連想ですね。
    読んで下さる方がそれぞれの風を感じてくれたら嬉しいです。