やがて

やがて降る雨は
僕らを同じ軒下に
やがて吹く風は
僕らを同じ吹きだまりに
やがてくる夜は
僕らを同じ街灯の下に
誰もがなにごとか為そうと
足掻き今日も過ぎてゆく
とうに同じ空の下に
とうに同じ星に立ち
やがて同じ土になり
塵も芥も僕もあなたも混じり合う
やがて吹く風は
なにごともなかったような
そんな明日を連れてくるだろう
口笛でも吹きながら

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    川瀬杏香 (火曜日, 25 8月 2015 18:40)

    いつかみんな塵になり、ひとつになれたら寂しくなくなるのでしょうか。
    ひとは...私は何故こんなに寂しい人間なのでしょうね。